本文へ移動する
筑波大学
文字サイズ
標準
拡大

外国語教育部門

ドイツ語の授業構成とCEFRについて

 ドイツ語の授業構成

  外国語センター開設の初修外国語の一つとして、次のような科目が開設されています。

 原則として1年次で履修する科目

ドイツ語基礎A1、ドイツ語基礎A2、ドイツ語基礎B1、ドイツ語基礎B2

基礎Aではドイツ語の概要、基本的な文法や単語を身につけます。

基礎Bではドイツ語によるコミュニケーション能力を身につけます。

 原則として2年次で履修する科目

ヨーロッパ文化圏の言語と文化1A、ヨーロッパ文化圏の言語と文化1BC

  これらの科目では、1年次で習得した能力をもとに、ドイツ語を使ったより高度なコミュニケーション能力や学業に必要なドイツ語能力を身につけます。

 選択・自由科目として履修する科目

応用ドイツ語講読、応用ドイツ語作文、応用ドイツ語会話

  それぞれA1、A2、B1、B2の各科目を設定しています。折角ドイツ語を始めたのですから、能力をどんどん伸ばしてください。将来ドイツ語を生かした仕事をしたい、ドイツに関する学問をしたい、ドイツ人と親しくなりたい、というような人はこれらの科目を是非履修してください。

 CEFR(ヨーロッパ共通言語能力参照枠)について

  現在ヨーロッパ各国の言語は、CEFRと呼ばれる共通の基準で到達度が測られるようになっています。これにはA1からC2までの6段階が設定されていて、たとえばドイツ語力としてのB2はフランス語力のB2と同じ程度であるとされます。

  主として日常的なコミュニケーションでの個々の状況で人々が言葉を使って何をするかを想定し(たとえば自分や他人を紹介できる、親しい人に何かの依頼の手紙を書くことができる、新聞記事を読んで重要点を取り出すことができる、等々。このような想定は言葉が違っても共通に設定できますよね)、それぞれの言葉を使ってその場面でふさわしい発言や理解が、どの程度できるのかが判定基準となります。

  ドイツで発行されているドイツ語教科書はすべてこの基準で巻別されており、また国際的なドイツ語試験ではこの基準によって段階が設定されています。ドイツの大学に留学して学位を取るには、おおむねB2のレベルをクリアすることが必要といわれています。

  上記の応用ドイツ語の各科目では、A1がCEFRのA2レベル、A2がB1レベルに到達することを目標にしています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはドイツ語です。

問い合わせフォームはこちら

アンケート

筑波大学CEGLOCホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る