外国語教育部門

フランス語開設科目と履修方法

1年次開設科目

「基礎フランス語AI」、「基礎フランス語AII」    (各1.0単位)

「基礎フランス語BI」、「基礎フランス語BII」    (各1.0単位)

 

※「基礎フランス語BII」は選択・自由科目ですが、「基礎フランス語BI」を引き継ぐ授業で、2年次以降の学習に必要な語学力の習得を目指す科目なので、継続して履修することが推奨されています。

 

 

2年次開設科目

「フランス語圏の言語と文化A」、「フランス語圏の言語と文化B」(各1.0単位)

 

※「フランス語圏の言語と文化B」は選択・自由科目ですが、「フランス語圏の言語と文化A」で習得した学力を踏まえて、文化と社会の理解をさらに深めるための科目なので、継続して履修することが推奨されています。

 

 

応用科目(選択・自由科目、各1.0単位)

フランス語圏に暮らす人々の生活や文化・社会などをテーマに、講読、作文、会話に分かれて授業が行われます。

 

「応用フランス語購読」A、「応用フランス語購読」B

様々なテーマを扱ったテキストを用いて、論説文や小説等を正確に読む力・読解力を高めることを目的にします。

 

「応用フランス語作文」A、「応用フランス語作文」B

自らの考えをフランス語で書く力・表現力を高めることを目的にします。

 

「応用フランス語会話」A、「応用フランス語会話」B

簡単な口頭練習から出発して、フランス語によるコミュニケーション力を高めることを目的にします。

 

※応用フランス語購読・作文・会話は、より実践的な内容になります。もし自分が履修できるのかどうか心配な場合は、遠慮なく授業担当教員やCEGLOC事務室に問い合わせて下さい。

 

 

必修科目としてのフランス語の履修方法 

必修単位数が4.0の場合:人文・文化学群、社会・国際学群

1年次

「基礎フランス語AI/AII」(各1.0単位)、「基礎フランス語BI」(1.0単位)履修で3単位。

2年次

「フランス語圏の言語と文化A」(1.0単位)を履修して合計4単位取得。

※「基礎フランス語BII」や「フランス語圏の言語と文化B」で4単位とすることはできません。

 

必修単位数が3.0の場合:人間学群

1年次

「基礎フランス語AI/AII」(各1.0単位)、「基礎フランス語BI」(1.0単位)履修で3単位。

※「基礎フランス語AI/AII」と「基礎フランス語BII」との組み合わせや、「フランス語圏の言語と文化A」との組み合わせで3.0の必修単位数とすることはできません。

 

初修外国語や基礎科目(共通科目)の詳しい履修法については、以下を参照して下さい。

https://www.tsukuba.ac.jp/education/ug-courses-directory/2021/pdf/3.pdf

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはフランス語です。

問い合わせフォームはこちら

アンケート

筑波大学CEGLOCホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?