本文へ移動する
筑波大学
文字サイズ
標準
拡大

外国語教育部門

フランス語開設科目のご案内

1.基礎的な科目(1年次履修)について

  フランス語の基礎的な科目には、基本文法を学ぶ「フランス語基礎AI/AII」と実用的なコミュニケーション能力の習得を目指す「フランス語基礎BI /BII」があります。AI, BIは春学期科目(各0.5単位)、AII, BIIは秋学期科目( 各1.0単位)です。

  原則として「フランス語基礎AI/AII」と、「フランス語基礎BI/BII」を同時に履修していただきます。ただし、春学期科目の単位を取得できていない人は、それに続く秋学期科目を履修することができません。
   旧カリキュラム「フランス語I-1」(文法)は新カリキュラムの「フランス語基礎A」、旧カリキュラムの「フランス語I-3」(会話)は新カリキュラムの「フランス語基礎B」をそれぞれ履修することにより単位の読替えが可能です。
  旧カリキュラムの「フランス語I-2」(講読)の履修希望者は、その他の開設科目のなかの「旧カリ  フランス語I-2」を履修してください。

2.応用的な科目(2年次履修)について

開設科目は次のとおりです。

・「ヨーロッパ文化圏の言語と文化IIA(フランス語)」(春学期、0.5単位)

・「ヨーロッパ文化圏の言語と文化IIBC(フランス語)」(秋学期、1単位)

これらの科目を履修するにはフランス語に関する基礎的な科目が履修済みでなければなりません。

3.選択・自由科目(2~4年次履修)について

フランス語の比較的高度な運用能力を養うことを目的とする科目です。必修科目としては履修できません。

開設科目は次のとおりです。

・「応用フランス語講読AI/AII」(中級)

・「応用フランス語講読BI/BII」(上級)

・「応用フランス語作文AI/AII」(中級)

・「応用フランス語作文BI/BII」(上級)

・「応用フランス語会話AI/AII」(中級)

・「応用フランス語会話BI/BII」(上級)

  これらの科目は学期完結科目(Iが春学期0.5単位、IIが秋学期1単位)ですが、学習効果を高めるため、通年での履修を推奨します。
  これらの科目を履修するにはフランス語に関する基礎的な科目のすべてが履修済みでなければなりません。
  旧カリキュラムの「フランス語中級」は新カリキュラムの「応用フランス語会話」、旧カリキュラムの「フランス語上級」は新カリキュラムの「応用フランス語作文」をそれぞれ履修することにより単位の読替えが可能です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはフランス語です。

問い合わせフォームはこちら

アンケート

筑波大学CEGLOCホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る